みんなの街まちサイトイメージ

ホーム  >  登録団体一覧  >  ボランティア

登録団体一覧

ボランティア 助けあい、絆をつくる!

千曲市にはたくさんのボランティア団体があります。 日々、地域の奉仕活動が行われています。

団体名活動の目的
磯部神楽保存会 江戸時代後期より伝承されてきた伝統ある磯部神楽も昭和34年の伊勢湾台風の影響により一旦途絶えました。 昭和43年、有志により「磯部神楽保存会」として伝統芸能を後世に継承すべく復活し、今日に至っております。 磯部神楽保存会は祭事のみならず、地域の様々なイベントへの参加を通じて、地域に貢献しています。
一般社団法人 稲荷山町・くらしと心を育む会 稲荷山の蔵、建物、町並みを後世に残すためにその手段として国の「重伝建」の指定にむけて活動。 2014年重伝建登録。第一の目的達成。
I'PO(いっぽ) I'PO(いっぽ)は千曲市を拠点に自分の好き!や特技を活かし、ワークショップイベント等を開催しています。 こんな事をやってみたい!の一歩、どこかにお出掛けしたい!の一歩、初めてのことにチャレンジしてみたい!の一歩。 一人では不安で心配で出来ないことも、みんなと一緒なら出来る!みんなでやると楽しい! そんな思いで集まったメンバーで運営しています。 お母さん達の笑顔を応援! また、皆さんの初めの一歩を応援していきます!
稲荷山公園クリーンボランティア 「地域を元気に」明るいまちづくりにとメンバー全員が熱意と情熱をもって活動している。 稲荷山公園をもっと活用して来園してもらう。
稲荷山地区まちづくり推進会議 「潤いと活力に満ちた地域社会」をつくることを目的に本会が25年前に発足。 そして、この地域をより良く、元気にしようと頑張って色々な取り組みを精力的に行っています。
NPO法人 千曲国際交流協会 1998年の長野冬季オリンピックを経験した市民有志が、地域住民主体の国際交流計画を作ろうと立ち上げた。 国籍、年齢、性別に関係なく、住みよい世界に開かれた地域社会を作ることを目的としている。 メインスローガンは「世界は一つの村」。
大わらじ委員会 地域おこし、村おこしが発祥、大わらじを八坂十一面観音智識寺山門にかざる案で委員会を立ち上げ、八回奉納、町内最高齢者と二歳児を乗せて練り歩き、祈願は健康と健脚、長寿を願う小祭りにしようと始めた。 非営利NPO新宿ホームレス支援 年8~10回 40名の農業体験の指導。
小島区まちづくり委員会 地域発展と地域住民との絆を深める為に貢献する。 祭・スポーツ・趣味・文化交流を積極的に取り入れ、まちづくり委員会会員は皆さんの支えになるお手伝いをする。
小島楽友会 60歳以上なら誰でも入会できる老人会で、地域の会員のためにつくられた会です。 会員数が少しずつ増加になっています。 若い人に入会してほしいです。
陰の松保存会 前身の「葛尾城跡磯部保存会」が、4年余の活動のもとに記念碑の建立、案内板の設置、植樹、記念誌の発刊などを行い「初期の目的を果たし得た」として同会を解散したことを受け、これを引き継ぐ形で『葛尾城跡裏手の砦跡に残る名勝「陰の松」及び関連史跡等の維持・保存並びに磯部地域の融和・会員相互の親睦を図る』ことを目的に設立されました。
上徳間ふるさとづくりの会 子供たちに夢と希望をおくる。
カンナの会 子供の授かった若い母親が賢くなって、子(心)育てに成功して、社会に役立つような大人に育てて欲しい。 そのため、母親の学級生を募集し、ボランティアで講師をお願いし、年間計画をたて、カンナの会員による託児をし、子(心)育て学級をボランティアで開催している。
北山柏保存会 私達の柏王区を私達の手で、区住民の親睦と健康で活力ある地域を作る為に、会話をしながら楽しくボランティアに参加するよう続けております。
元気お届け隊 子育てママさんやリタイアしたお父さんお母さんなどで引きこもりがちな方々の交流・コミュニケーションの場の提供と支援(遊びと学びと生きがい) コミュニケーション不足から引き起こされる事件・連携の欠落・情報の遅れによるトラブルに心を痛め出来ることから行動することに致しました。 多くの方が笑顔でいられます様に元気お届け致します。 団体のメンバーの募集はしていませんが、活動をサポートしてくれる方や一緒にイベント等へ参加してくれる方は随時募集しています。
桜堂神楽保存会 従来よりある郷土芸能の保存及び住民各位の祭礼等の維持です。 30代前半の若い人を募集しています。 女性で興味のある方大歓迎です。
更級かたりべの会 ボランティア活動に役立てることを目的に、婦人会の事業として朗読を学ぶ。朗読の楽しさを多くの人に知ってもらうために、技術の向上を目指す。
さらしなの里古代体験パーク・歴史資料館友の会(さらしなの里友の会) さらしなの里古代体験パーク・歴史資料館の管理に協力し、その活力ある発展に貢献するとともに会員相互の親睦を図ることを目的としています。
The ふとん倶楽部 地元で定期的に落語を楽しみたい。 自分はもちろんのこと、多くの人々にも楽しんでいただき、笑いの輪を地域に広げましょう。
志川振興会 志川区には区有林が芝山と霊諍山にあり、山野草の群生地となっていたが、区として活動がなく荒れ放題になっていた。 また、佐野川右岸の堤防道路も雑草におおわれ歩くことも出来ない状態でゴミ捨て場になっていた。 これを整備して草花や森林の観察をやりながらのウォーキングで体力向上、健康増進に役立てようと活動を始めた。 区有林の芝山にはカタクリ、一人静、ヤブレガサ、シダ、ヤマアジサイなど、霊諍山にはショウジョウバカマ、チゴユリ、シュンラン、サイハイラン、ササバギンランなどが自生している。毎年4月中旬にはショウジョウバカマ鑑賞会を行っています。 佐野川右岸には遊歩道を造り、シバザクラ、水仙、シラン、カキツバタ等の花壇を整備し、その中を散歩できるようにしています。
信州さらしな月の里唄実行委員会 『信州さらしなの月の里唄を全国区へ!!』 万葉人にも歌われた更科の月をモチーフに、千曲市の四季を織り込んだオリジナル舞曲「信州さらしな月の里唄」は、「おわら風の盆」を規範とする趣旨に賛同する発起人4名のボランティア市民により、2012年3月にCD化されました。 当委員会ではこの「信州さらしな月の里唄」の唄と躍りを地域に浸透させ、さらには全国に伝え、市内外からお客様を呼び込む資源に育てあげたいと考えています。 現在、さらしな月の里唄&月のイラストロゴ入りの着物を50名余りの共鳴者が購入してくださり、主に最寄の公民館を借りて、指導者のもと稽古に励んでいます。踊り手も募集しています。 「風の盆」の'風'vs「月の里唄」の'月'、共に静かな旋律やリズムや唄の長さも通底しています。
千曲市更生保護女性会 市内在住の女性会員で組織されているボランティア団体です。 更生保護への理解と協力を得るために活動を展開し、犯罪や非行のない明るい社会づくりに寄与することを目的としています。 戦後の混乱期に少年の非行、犯罪をなくすため等、社会を明るくする運動に始まり、長野県としては、昭和49年3月に「第1回目の更生保護女性の集い」が開催されました。 保護司と一緒に地域の明るい社会づくりの為に、千曲市合併以前から続けて活動しています。
千曲市食生活改善推進協議会 「私達の健康は私達の手で」をモットーとし、地域住民が健康で長生きしていただくため、千曲市においては「糖尿病等生活習慣病予防」に力を入れて活動しています。
千曲市赤十字奉仕団 日本赤十字奉仕団規則の趣旨により 災害時における応急救助、災害時の復旧、罹災者の更生援護に関する労力その他の奉仕、疾病の予防その他保健衛生等に関する各種事業への奉仕、社会福祉施設及び援護を要する者への奉仕ほか
千曲市ハンガリー友好協会 日本、ハンガリー両国の相互理解と交流を深めることを目的に、様々な事業を行っています。 ことにヴェルーツェ町との文化交流は1991年から続いています。
ちくま手話サークル 手話を学び聴覚障害者とのコミュニケーションをはかると共に、聴覚障害者に関する様々な問題を学習し、活動につなげていく。 そして、聴覚障害者と共に運動していく。 「手話を学びたい」と昭和46年に坂城町でサークルが誕生し、引続き、戸倉、上山田、更埴とサークルの輪が広がっていった。 一緒に手話を学びませんか。 会員募集しております。
つきみ草の会 阪神淡路大震災の際の助け合いを教訓に自分にも身近で何かできることは? と、その年に子連れで始まった施設ボランティアのグループ活動が、平成27年度で21年間継続できました。 97歳の会員を筆頭に会員はこの喫茶ボランティアに生き甲斐を感じ、相互の助け合いや交流、高齢者自立の機会作りの場にもなっています。 お子様連れの若いママ多数の方にも、ウエイトレス気分で加わって頂くと更に素晴らしい会になると思います。
戸倉セツブンソウを育てる会 セツブンソウは山地の木陰などで群生する小型の多年草で、日本の北限に位置し、環境省、県とも絶滅危惧類に指定されている。3月中の2~3週間程咲くが、種から芽を出し、花を咲かせるまでは4~5年かかるとても可憐で珍しい花です。 写真を撮る等、群生地内に入り込んだり、持ち去られたりしたため、保護、保全が必要と考え、当初、有志で活動していたが、市からも協力、援助を得て、平成19年2月に発足した。 見学者(観察者)は県内外から年々増加し、大変喜ばれて、感動されています。 また、巡視活動を通し見学者との交流の場ともなっています。
にじいろのはねプロジェクト 「命」「生きていること」「繋がり」をテーマに、奇跡を起こし続けている、そんな人間の可能性を追求していき、情報発信していくことでみなさんと共有していきたいと活動しています。
パソコンボランティア たんぽぽの会 講習会や相談会を通して、障がいのある方、高齢者の方で、パソコンをやりたいと思っている方のお手伝いをしています。 パソコンを使って、「ことば」を伝えたり、趣味を広げたり、情報を得たり、いろいろな事が出来るようになって、世界が広がり、生活に楽しみが増えるお手伝いをしたいと考えています。
東山開発対策委員会 旧戸倉町のときに戸倉宿キティパーク建設に際し、貸与に協力した地主を中心に活動を始めた団体です。 目的は市民の憩いの公園として桜の植樹や消毒、剪定等行ってきた結果、現在では約600本の桜が見事に成長しており、花見の時期はもとより年間を通して市民に楽しんでいただいております。
ひとみの会 戸倉上山田地域に居住をもつ視覚障害者の目(瞳)になって朗読(小説、民話、エッセイ)を通して交流を深め豊かな生活への手助けをしたいと思う。
ふれあい東部会 中高年の健康の維持、増進のため、また、多くの人との交流、親睦を計ることを目的として始めたものと思います。 市民の多くの方の参加をお待ちしています。 メンバー募集もしています。
ボランティアグループ あけぼの会 ボランティア活動を通し地域福祉の向上及び会員の資質向上並びに親睦を図ることを目的とする。
三滝クラブ 倉科地区の高齢者の親睦と健康づくり、社会奉仕を活動目的とし区各団体との交流に代表参加してゆく。 会員の高齢化が進み、社会奉仕活動に課題をかかえている。
みんなの地球クラブ 「思いやりの心を地球環境にも」と、上山田町児童館の一活動からはじまったものを引き継いで、上山田地域の保育園児、児童、生徒約50余名が登録している「こども環境教室」を開催しています。 父兄や地域のサポーターの方々と共に地球環境問題を学習したり環境保全活動を毎回楽しく実践しています。 核家族化、両親の共稼ぎ、母親の就労などにより失われがちな子供たちへの配慮を、社会福祉として補う役目も担っています。 上山田以外の方々のご参加も大歓迎です。
森神楽保存会 大正7年頃、当時の青年会が森地区に3つあった獅子頭により、森大宮神社への神楽奉納をしたことから始まります。 昭和30年代に後継者不在により一端途絶えましたが、平成2年にかつて神楽に携わった年配者により復活しました。 平成16年には、30代の若者が伝統文化・芸能の継承し、地域コミュニティの高揚を図ろうと新たに9人加入し、現在15人ほどが舞、笛、太鼓の稽古に励み、祭りの際には神楽による賑わいを見せています。
楽知会 千曲市の歴史や地理を楽しく学習する。 ボランティアガイドとして、学習した事を千曲市内外の人に伝える。 「千曲市で楽しく、千曲市を楽しく」をモットーに活動しています。